TOP

日々、就職活動に関する情報を集めています。

第二新卒はイメージが悪かったのは昔の話

第二新卒で働き出すというのはイメージが悪いのではないかというのは一昔前の話です。少し前までは第二新卒だからことで、一つの会社でしっかり働くことができず辛抱が足りないと思われてしまったりする部分がありましたが、近年では実際に働きだしてから自分には合わないと冷静な判断を行い、早い段階で離職して転職先を考えるというのは将来的なビジョンをしっかりと持っている人材だと言ったイメージに変わってきているため、第二新卒になってしまうことを恐れる必要はありません。実際に第2新卒でも多くの人々を雇用している企業はどんどん増えてきており、第2新卒として雇われた自分としても同じ過ちを繰り返さないためにも、入念に応募する会社を選んでいますのでその後は、離職する可能性も低くなり仕事にしっかりとしたやりがいを感じながら頑張っていくことができるメリットがあります。今現在働いている会社に不満や疑問などを抱いているのであれば、これまでの離職を恐れず思い切って転職を考えてみるのも必要なことかもしれません。

モバイルデザイナーになるには求人のポイントを押さえること

モバイルデザイナーは昨今隆盛を極めるソーシャルゲーム業界などでPhotoshop、Flash などのソフトやスキルを駆使してコンテンツを作成することが求められる職業です。一口にモバイルデザイナーと言っても、それが携帯ゲーム会社なのか、通販サイトなのか、電子書籍サイトなのか、務める企業によって求められているスキルも多岐にわたります。デザイナーと言われますが、その実はSEOやコンテンツまでを考慮した設計が含まれるモバイルサイトデザインの専門家といえるでしょう。このように一見特殊に見えるモバイルデザイナーですが、就職活動ブログによると、求職活動自体は一般の企業と変わりません。ただ職業安定所で探すだけでなく、職業上の特徴からWeb上でも活発に求人を行っているのが特徴です。モバイルデザイナーの求人の特徴はその範囲が多岐にわたるので、求められている人材に対するアナウンスも事細かに具体的なスキルを明示している場合が殆どです。例えば自社はこういう会社なので具体的なソフト名や言語名を上げてその知識がある人を求めている場合や、中途の人材がほしい会社なら具体的な仕事名を上げてその経験がある人を募集しているので、応募資格をよく読んで、自分の希望している仕事なのかどうかを見極めることも大事です。このように書くと、なんだか新卒者、未経験者には敷居の高い業界のように見えますが、スキルさえ学んでおけば、新卒者、第二新卒、未経験者などでも構わないという求人もたくさん存在します。やはりここでもしっかりと募集資格に目を通すことが大切です。求人を選定した後の行動はそれほど一般的な職業と差異はありません。ただ技術職でもあるので実技試験がある試験が大半です。出題されたコードに関するプレゼンテーション形式の者もあれば、実際にプログラムを組み上げる試験をしる企業もあります。どの求人に応募するかを選択できたなら、企業研究を始めるといいでしょう。技術職では有りますが、当然面接試験を採用している企業も多いです。技術系の面接試験での回答の基本的なポイントは、求められている技術にはしっかりとできることを強調してください。これは未経験であるかどうかは関係ありません。未経験でも応募職種に関連する技術を修得する努力をしてきたことをアピールしてください。嘘をつけと言っているのではもちろんありません。上でも述べたように、モバイルデザイナーの試験は求められているスキルが明示されていますし、企業研究をすれば比較的求められているものがわかりやすい業種です。ですから面接に挑む前に、しっかりと事前の下調べをして自分の所持しているスキルと合致した求人を選ぶことが何より大事になってきます。

Webプロデューサーになりたいのなら面接力が重要

インターネット業界には毎日様々なサービスが登場しています。今や新サービスの発信地はウェブ上にあると言って間違いないでしょう。これらのサービスは個人が立ち上げたものや、企業が主体になっているものが有りますが、これらのWebサービス事業の企画総責任者にあたるのがWebプロデューサーとなります。現場責任者の立場にあたるWebディレクターと違いWebプロデューサーはそのWebディレクターやWebデザイナーを統括し事業全体をドライブしていく必要があります。顧客の話をよく聞いてその望むものを探り、ライバルの情報収集、サービスのボリューム、納期、予算からスタッフの選定まで全てを取り仕切るWebサービス事業の総司令官と言えるでしょう。当然、募集資格には職歴として制作責任者として複数年の経験が求められることが多く、Web全体に関わる一連の作業の流れを理解している必要があります。つまりWebプロデューサーになるための就職活動となると転職が主体になります。新卒で目指す場合にはまず会社でWebディレクターを目指し、そこで数年の経験を積んでWebプロデューサーを目指すことになります。業界で経験を積んだ人がさていよいよWebプロデューサーになろうという場合には、個人事業者として独立するか、企業の募集に応募するかになります。つまり転職です。Webプロデューサーは企画予算の管理やその折衝という業務が加わります。つまりコミュニケーション能力、それも業界内だけでない依頼主との交渉能力も必要ですから、採用する側の企業もそういう部分を見ることになります。もともと新卒と違い転職の場合には面接が採用要素の大きなウェイトを占めるのですが、Webプロデューサーは職能上特にその部分が重要視されることになります。ではこの採用面接をどうすれば、自分をより知ってもらえ、採用に近づけるかはやはり面接がどういうものかについて知っておく必要があります。さきほど新卒者と違い、Webプロデューサーのような転職がメインになる場合の採用試験は面接が重視されるといいましたが、その面接自体も新卒と転職では少し状況が変わってきます。新卒の場合は人事部がメインの場合が多いですが、転職の場合は現場の人間がまずは一時面接を行うことが多く、その意見が合否に大きく関わってきます。この理由は簡単で、新卒者の場合は経営方針として育てていくことが基本で、そのために会社にとってどのような人が必要かを基準に考えますが、転職の場合にもとめられるのは即戦力かどうか、今ある現場にフィットするかを見るので自ずとこの二つの視点は違ってきます。つまり現場の人にとっては数字上の能力も重要ですが、それよりもこの人と一緒に働きたいなと思ってくれるかどうか大きなウェイトを占めるのです。Webプロデューサーという職業ならなおさらそういった点は重要になります。